真面目な通院が大切です。

  • しっかりとリハビリすることが出発点。
  • 手技によるマッサージもおまかせください。
  • もちろん夕方も診療します。

交通事故のお怪我はリハビリが大切

 交通事故に限ったことではありませんが、お怪我をなされた際はリハビリが大切なことは言うまでもありません。
 骨折後に関節が曲がるように回復させる場合などは分かりやすいのですが、いわゆるむち打ちであってもリハビリは大切になります。
 むち打ちで最も多い症状は、やはり首そのものの痛み(頚部痛)です。また、肩に痛みが広がることもあります。このような痛みは、リハビリをすることで緩和できます。
 当クリニックには理学療法を行うリハビリ器具を揃えている他、医師の監督による柔道整復師の手技によるマッサージも行っており、症状に合わせ、医師が患者様にあった方法でリハビリを指示しております。

 また、リハビリを受けることなく過ごしていると、自賠責保険の場合、保険会社から治療費を打ち切ると言われる場合があります。その後の通院は自己負担となりますので、経済的な理由からもリハビリは継続して受けることが大切と言えるでしょう。

 交通事故の患者様は、どこかの時点で一旦治療を終了して「症状固定」とし、その時点で残っている痛みや不具合が「後遺障害」として認められるかどうかの申請を行われることがあります。
 このとき、十分にリハビリを行っていなければ「リハビリしていれば治っていたかもしれない」と考えられかねません。

 このように、様々な観点から、リハビリはしっかりと行っておくことが患者様のためであるという考えの元、当クリニックでは、しっかりとリハビリをなされるようアドバイスを差し上げております。

手技によるマッサージもおまかせください

 当クリニックでは、医師や看護師の他、柔道整復師が勤務しております。
 通常、手技によるマッサージと言えば、整骨院や接骨院を思い浮かべられるのではないでしょうか。
 当クリニックは、内部写真でご覧頂けますように、リハビリ用のベッドを多数ご用意しており、医師の指示に基づいて柔道整復師が手技によるマッサージを行います。
手技によるマッサージの様子
 また、当クリニックに勤務する柔道整復師の多くは「運動器リハビリテーションセラピスト」という資格を有しており、質の高いリハビリをご提供できるようスタッフも研鑽に努めております。

夕方の診療もございます

 当クリニックは街の整形外科として、平日夜や土曜日午前も診療を行っています(水曜日午後休診)。
 交通事故で入院し、退院後のリハビリでお困りになるのが、入院設備のあるような病院では、夜の診療がないことです。
 実際、職場に復帰すると朝に通院することは困難ですし、リハビリに足が遠のく原因になってしまいがちです。
 ですので、当クリニックでは、近隣の入院施設のある病院の地域連携課などにも転院の受け入れを積極的に働きかけております。

 もちろん、ホームページをご覧になった皆さまは、直接ご来院頂きましたら診察致します(紹介状は不要です)。ただし、自賠責保険の関係もありますので、入院していらっしゃった病院と保険会社にはご連絡なさっておかれる必要があるでしょう。

しっかりとリハビリをして次のステップへ!

 交通事故でお怪我をなさると、治療とリハビリで時間を取られ、生活リズムが大きく変わってしまいます。また、時間だけでなく、精神的にも経済的にも影響を受けてしまうことが少なくありません。
 当クリニックでは、リハビリをしっかり行うことを推奨しており、患者様ができるだけ早期に元の生活にお戻りになることができるようお力添えをしております。