ご覧頂きありがとうございます。

当クリニックホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、当クリニックを初めてご利用頂く患者様向けに、初診時の流れや当クリニックの基本情報をご紹介しております。
当ホームページは、上部のメニューに分かりやすく情報を分類しており、メニューを活用頂いてページへ移動することが可能です。
また、スマートフォンからご覧頂いても、レイアウトを自動で最適化して表示するようになっております。
このページを出発点に、どうぞ各ページをゆっくりとご覧ください。

初診時の流れ

当クリニックへ初診でお越し頂く場合、まずは受付に直接お越しください。
初診時には、「保険証」とお持ちの方は「公的受給者証」を忘れずにお持ち願います。

また、既に他の医療機関にかかっていらっしゃる場合、処方された薬の一覧表や検査画像のデータなどの資料類があれば、それらも合わせてお持ちください。

初診時に必ずお持ち頂くもの

  • 保険証

あればお持ち頂くもの

  • 公的受給者証(該当なさる場合)
  • 処方された薬の一覧(既に他の医療機関で受診されている場合)
  • 検査画像(既に他の医療機関で受診されている場合)

診察までの流れ

  1. 受付にて保険証等をご提示ください。
  2. 交通事故・労災・生活保護に該当なさる場合、その旨をお伝え下さい。
  3. 問診票をお渡し致しますので、ご記入の上、受付にご提出ください。
  4. 順にお名前をお呼びしますので、待合コーナーでお待ちください。
受付には、新聞や雑誌を置いてございます。

診療時間とアクセス

診療時間は次のとおりとなっております。臨時休診の場合、クリニックに掲載する他、適時当ホームページでもご案内致します。
りゅうゆう会クリニック

アクセスについて

当クリニックは福島区吉野交差点すぐの所にございます。ライフ野田店さんから徒歩2分、万代福島吉野店さんからも徒歩2分程度でお越し頂けます。大阪市営バス59号吉野バス停からも徒歩すぐです。より詳しいアクセス方法のご案内は、「アクセス方法」をご覧ください。

診療科目

当クリニックでは、整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・漢方内科を診療科目として届けております。

骨折・打撲や捻挫など、外的な要因によるお怪我に対し、診断・治療からリハビリまでを一貫してケアし、またしつこい痛みにはペインクリニックとして神経ブロック療法を行うなど、適切な治療に努めます。

また、加齢による肩こり、腰の痛みやヘルニア等の症状についても、患者様にしっかり向き合いながら症状の原因を見きわめ、健康な生活が送れるよう治療を通して患者様を応援致します。

当クリニックの診療科目の詳細については、「診療科目」でご覧頂ける他、専門のページでご紹介しております。詳しくは上部メニューの「診療情報」という欄からお探しの診療科目をご覧ください。

当クリニックの特徴

当クリニックでは、交通事故被害者の皆様への治療に力を注いで活動している他、リウマチと漢方内科について専門性の高い医療を提供しております。

交通事故の治療

交通事故は日本国内で年間60万件以上発生しており、軽傷者を含めると年間100万人以上がお怪我をなさっています。

交通事故はまったく予想しない状態で起こることが多く、また、強い物理的衝撃が加わることも多いため、むち打ちなどの症状でお困りの患者様が後を絶ちません。

交通事故に巻き込まれると、患者様は身体をケアしなければならないのはもちろんのこと、交通事故そのものを解決する必要にも迫られ、その際には、検査の画像や診断結果を適正に記載した後遺障害診断書が必要になってきます。

当クリニックでは、最新医療技術だけでなく、このような日本の交通事故事情についても注目しており、お怪我をなさった被害者の皆様がより適正に交通事故を解決していくことができるよう、治療と診断面からバックアップしております。より詳しくは「交通事故の治療とリハビリ」のページをご覧ください。

リウマチ

まだ原因が特定されるに至っていないリウマチですが、治療法は進歩し続けています。当クリニックの院長は、リウマチの診察・治療実績も豊富にあり、日本リウマチ学会認定の専門医でもあります。
はじめてリウマチの治療をなさる皆様はもちろんのこと、今まで治療してきたけれど…とお考えの皆様にも、お話しを伺いならアプローチを考え、より効果的な治療を目指します。

漢方内科

当クリニックでは、一般的な西洋医学的アプローチで「良くなった」と思えない皆様に、漢方を使った治療を行っています。当クリニックは名称に「整形外科」と冠しておりますので、疾患としては整形外科と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。「漢方内科」とはあくまで標榜診療科目のことであって、漢方治療では、整形外科分野に冠する痛みだけではなく、皮膚についてのお悩みや、アレルギーなどにも効果が期待できるかもしれません。